九十九電機、民事再生法の適用を申請へ !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九十九電機、民事再生法の適用を申請へ !


九十九電機と言えば、秋葉原においても“老舗”的な会社ですよ。
その九十九電機が 「民事再生手続きへ」 というニュースです !
秋葉原でも閉店するお店が増えているようですが、まさか九十九電機までとは驚きました。


10月30日、九十九電機が東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した。

九十九電機は1947年に創業したアキバショップの老舗中の老舗だが、バブル期に取得した不動産の借入や業務拡大などが原因で資金繰りに困窮、10月末の買掛金および手形の決済資金不足に陥った。

負債総額は110億円。

バブルで会社が大きくなったのは良いことですが、"大きいことが良い事"とは限らないということでしょうか。
色々手を広げちゃったのがね・・・。


なお、中央通りに店をかまえるTSUKUMO eX.をはじめ、各ショップは今も通常営業をしている。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081030-00000066-zdn_pc-sci
■関係者のあいだでは・・・
九十九電機の経営状態が悪化していることついては、前々から関係者のあいだで
ウワサにのぼっていたようだ。
秋葉原の某パーツショップ店員は、「毎月末が近づくと、今月は大丈夫なの? という話はあったようですね。

関係者だけのウワサではユーザーには分かりませんからね。


■50人のARisが迷子に!?
九十九電機本社事務所のあるビルに集まった債権者の中には、「電脳フィギュア ARis」
開発した芸者東京の代表取締役の姿も。

10月19日に発売されたARisは、初回ロット3000本と次期ロット1000本以上が完売状態になっている
注目ソフトウェアだが、芸者東京はこのうち550本を九十九電機に卸していたという。
「債権額は400万くらいなので集まってきた人の中では“プチ債権者”だと思いますけど、それでもウチみたいなベンチャーにとっては致命的な金額になることだってありますよ」とため息をつく。

ベンチャー企業などにとっいは"巻き添え"にされねのが怖いですよね。

直近に納入した50本のARisはまだ納品書を交わしておらず、民事再生法適用の申請とともに
弁済禁止の保全処分が裁判所から下されたため「50人のARisが迷子」になっている状態だという。

誰か見つけてあげて~!!

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。