東芝、直販オリジナル『dynabook SS RX2』を発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、直販オリジナル『dynabook SS RX2』を発売 !


最近話題の“安価”なモバイルノートPCより、“しっかり使える”モバイルノートPCが欲しい。
そんな方のために、東芝がCPUを強化した直販オリジナルの『dynabook SS RX2』3製品を発表しました。


東芝は、このほど発表された12.1型ワイド液晶内蔵モバイルノートPCdynabook SS RX2
Webオリジナルモデル計3製品を発表、9月12日より販売を開始した。

■価格
dynabook SS RX2/W7G」が27万2600円
dynabook SS RX2/W7GG」が29万2600円
dynabook SS RX2/W9G」が41万7600円   (いずれも税込み)。

"価格"が示すとおり !? 性能に妥協の無い“しっかり使える"モバイルノートPCです。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080912-00000050-zdn_pc-sci
■CPUを強化
このほど発表となったdynabook SS RXWeb直販オリジナルモデルで、
搭載CPUを超低電圧版Core 2 Duo SU9400(1.4GHz)に強化したのが特徴。

RX2/ W7GおよびRX2/ W7GGの2モデルはストレージとして160GバイトHDDを、
RX2/ W9Gは128GバイトSSDを搭載する。

CPUを強化してあるので、モバイルノートPCであってもビジネス等の"大きい"作業も
十分こなす事が出来ますね。



3製品ともIEEE802.11a/b/g/n(ドラフト2.0)およびBluetooth 2.1をサポートするほか、
RX2/ W7GGはKDDI製ワイヤレスLAN「CDMA 1X WIN」も利用可能となっている。

メインマシンに近い使い方をするなら、『dynabook SS RX2』ぐないの性能は欲しい所でしょう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。