第4世代『iPod nano』、ついに発表 ! - “史上最薄”で全9色・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4世代『iPod nano』、ついに発表 ! - “史上最薄”で全9色


iPod nano』がリニューアル ! 第4世代となる新型の『iPod nano』は、“史上最薄”で加速度センサー搭載となりました。この加速度センサー搭載により、横向きでもCoverFlowや動画を楽しめます。

アップルは9月10日、第4世代となる新型『iPod nano』を発表した。

サイズは90.7(高さ)×38.7(幅)×6.2(奥行き)㎜、36.8g。

■カラーバリエーション
シルバー/パープル/ブルー/グリーン/オレンジ/イエロー/ピンク/(PRODUCT) RED/ブラック
全9色

8Gバイト/16Gバイト版が用意される。
価格は8Gバイト版が1万7800円、16Gバイト版が2万3800円

デザイン的に"縦長"になったのは賛否ありそうですが、“史上最多”9色のカラーバリエーションは
インパクト大」ですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000002-zdn_lp-sci
■ボディは"縦長"
既存モデルに比べボディデザインは第1/第2世代に近い"縦長"に変更され、
表面はゆるやかなカーブを描いており、真上からみた場合には細長いだ円を描いている。

こんなボディデザインの携帯電話端末があったような・・・。

前面には2型(解像度は320×240ピクセル/204dpi)のLEDバックライト付きTFTカラー液晶を搭載。

AAC/DRM付き AAC(iTunes Storeから購入)/MP3(MP3 VBR含む)/Audible(フォーマット2、3、4)/Apple Lossless/AIFF/WAVの各オーディファイルに加え、
MPEG-4 AVC/H.264ならびにMPEG-4 SPの動画ファイル再生が行える。

内蔵する充電池で最長24時間の音楽再生、最長4時間の動画再生が可能だ。


「使い方」には、大きな変更はないでしょうね。

操作インタフェースは変わらずクリックホイールだが、新たに加速度センサーを搭載。
本体を横向きにしても利用が可能となっており、横位置でも CoverFlowや動画の再生を楽しめるようになっている。

横向きで使用した時のクリックホイール操作は特に何も対応していない様です。
これはチョット紛らわしいかも !?


また、加速度センサーを利用したシャッフル再生機能や、本体を傾けて操作する迷路脱出ゲーム「Maza」がプリインストールされる。

新しい第4世代『iPod nano』登場で、またまたAppleへの注目度が上がりそうですね。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。