CTO、米Everex製UMPC『CloudBook』の新モデルを発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CTO、米Everex製UMPC『CloudBook』の新モデルを発売 !


UMPCは、手頃な"価格"などが話題となり最近注目を浴びています。
購入を検討している方も多いのではないでしょうか。そんなUMPCの新製品が登場 !
CTOが米Everex製となるウルトラモバイルPCCloudBook」の新モデル2製品の発売を発表しました。


CTOは8月27日、米Everex製となるウルトラモバイルPCCloudBookシリーズの新モデル2製品
CloudBook CE1220J』・『CloudBook CE1221J』を発表、8月29日より発売する。

本体サイズは230(幅)×172(奥行き)×33~41(高さ)㎜。
重量は約1030g。

CloudBook CE1220J』はヤマダ電機、『CloudBook CE1221J』はビックカメラ/ソフマップにて販売。

価格はともにオープン。
『CloudBook CE1221J』の「ビックカメラ.com」販売価格は5万9800円 (税込み)。

最近特に注目されているUMPCなので、"質の良い"製品が数多く発売になっています。
この「CloudBook」シリーズは家電量販店で取り扱われるのが特徴ですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000061-zdn_pc-sci
■「CloudBook」シリーズの新モデル
『CloudBook CE1220J』および『CloudBook CE1221J』は、CPUとしてVIA C7-M ULV 1.2GHzを搭載する
ウルトラモバイルPC

液晶ディスプレイは1024×600ドット表示対応の8.9インチワイド液晶を内蔵、
搭載OSは Windows XP Home Edition。

UMPCとすれば、8.9インチワイド液晶は十分な大きさでしょう。

■スペック
基本スペックは2モデルとも共通で、メモリはDDR2 1Gバイト、HDDが60Gバイトを内蔵。
無線LANはIEEE802.11b/gを備える。
また、130万画素Webカメラ、4メディア対応カードリーダーなども装備。

インタフェースはExpressCard/34、およびUSB 2.0×2を利用可能となっている。

UMPCの基本スペックとして、"使える"内容となっています。


上位型番モデルの『CloudBook CE1221J』は、
標準でリチウムイオンバッテリー2個をバンドルしたのが特徴。

付属ソフトはKINGSOFT製オフィススィート「KINGSOFT Office2007 Standard版」、
および「Norton Internet Security 2008(体験版)」がバンドルされる。

リチウムイオンバッテリーがバンドルされているので、すぐに"主力"マシンとして使えますね。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。