ASUS、“Atom搭載”で処理能力が向上した『Eee PC901-X』を発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASUS、“Atom搭載”で処理能力が向上した『Eee PC901-X』を発売 !


ミニノートPC“Eee PC”に新モデルが登場 !
発売とともに大人気となり、低価格ノートPC市場の代表的存在となった“Eee PC”。
その後継機となる『Eee PC 901-X』は、「表示能力の向上」・「“Atom搭載”による処理能力の向上」
などが特徴です。


ASUSTeKは7月11日、ミニノートPC“Eee PC”の新モデルEee PC 901-X』を発表、
7月12日より発売する。

本体サイズは225(幅)×175.5(奥行き)×22.7~39(高さ)㎜。
重量は約1.1㎞。

価格はオープン。
予想実売価格は5万9800円前後

Atom搭載”となっても、約6万円という価格設定で"Eee PCらしさ"は失っていません。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080711-00000086-zdn_pc-sci
■新“Eee PC”の特徴は ?
Eee PC”の後継モデルとなるEee PC 901-X』は、液晶ディスプレイを1024×600ドット表示対応の8.9インチワイド液晶に変更し表示能力を高めたのが特徴。
さらにスペック改訂により処理能力も向上しており、CPUはAtom N270(1.6GHz)を搭載した。

メモリは1Gバイト(最大2Gバイト)、
ストレージはフラッシュドライブを計12Gバイト(OS用4Gバイト+8Gバイト)を内蔵した。

「表示能力」・「処理能力」というミニノートPCを使う上で、心配な部分ん゛向上しているのは良いことですね。

※ カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2カラーを用意している。

130万画素Webカメラを内蔵するほか、10/100BASE有線
LAN/IEEE802.11b/g/n(ドラフト)無線LAN/Bluetooth V2.0+EDRを標準で利用可能。

OSはWindows XP Home Edition(SP3)をプリインストール。
バッテリー駆動時間は最長約8.3時間。

性能・バッテリー駆動時間等を見ても、
Eee PC”がミニノートPC市場を"引っ張る存在"だと感じさせられます。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。