テレビドラマに出てくる携帯電話をチェック 2008年春 - NTTドコモ編・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビドラマに出てくる携帯電話をチェック 2008年春 - NTTドコモ編


携帯電話はあらゆる人の生活に欠かせないアイテムとなり、テレビドラマでも様々なシーンに登場しています。人間模様が交錯するテレビドラマにおいてもストーリー展開のキーアイテムとなることも多くなっています。そんな携帯電話ですから、どの役者さんがどんな携帯電話機種と“パートナー”を組んで出演しているのかなどドラマのストーリー意外の部分の興味も尽きません。
そこで、テレビドラマに登場する携帯電話をチェックしてみましょう !


テレビドラマに登場する携帯電話チェック 2008年春 - NTTドコモ

関東地域の地上波放送で、夜21時から23時台に放映されているドラマは週に合計15本。
このうち、フジテレビの月曜9時を除いたすべてのドラマで、携帯キャリアがスポンサーになっている。

内訳はNTTドコモとau(KDDI)が6本、ソフトバンクが2本となっており、
各キャリアはドラマで使われているケータイを各社の公式サイトで公開している。
この公開情報をもとに、実際に番組を視聴して得た情報も加えて登場するケータイを調査した。

今回はNTTドコモの提供テレビドラマについて紹介する。

なかなか"大ヒットドラマ"が生まれにくい時代ですが、携帯キャリア側としてはまだまだメリットある「おいしい」場所なんでしょうね。
NTTドコモの端末が登場するドラマは、火曜日から日曜日の合計6本。
火曜日の「絶対彼氏」(フジテレビ系)に始まり、水曜日の「ホカベン」(日本テレビ系)、
金曜日の「キミ犯人じゃないよね」(テレビ朝日系)、土曜日の「ごくせん」(日本テレビ系)および
「ハチワンダイバー」(フジテレビ系)、日曜日の「猟奇的な彼女」(TBS系)というラインアップだ。

「ごくせん」を抑えた所で、”勝ち組”でしょうか !?


■最も多く登場したケータイは『N905iμ
今季のテレビドラマで一番多く使用されていたのは『N905iμ』で、
NTTドコモ以外の機種すべてを含めてもダントツの数
特に男性の登場人物が持っているケースが多く、そのためか色も「graphite black」が多かった。

主な俳優では「猟奇的な彼女」の田中麗奈や「絶対彼氏」の佐々木蔵之介、
「ごくせん」の生瀬勝久、「キミ犯人じゃないよね」の渡辺いっけいらが使っている。

男性登場人物に人気ということで、「猟奇的な彼女」が使用していたのも分かります !?


その次に多かったのが『N705i』。
デザイン家電ブランド「amadana」とのコラボレーションモデルとして登場したこの端末は、デザインが個性的であることから、映像の中でもすぐにそれと分かる。
特に今クールのドラマでは、主役級の女優に割り当てられることが多く、「絶対彼氏」の相武紗季や「キミ犯人じゃないよね」の貫地谷しほり、「ごくせん」の平山あや、「ハチワンダイバー」の安田美紗子といった若い女優が演じる人物が持っていた。

さらに興味深いのが、そのいずれも、ピンクが鮮やかな「sakura」を使っていることだ。
このカラーは東海/関西/九州地域限定のカラーバリエーションなのである。

限定地域以外の人には"それだけで"ある程度のインパクトを与えられるということもあるのでしょう。

ちなみに、FOMAにはテレビ電話機能があり、「絶対彼氏」では『N705i』を使う相武紗季と『N905iμ』を使う佐々木蔵之介が、劇中でテレビ電話を使うシーンが見られた。
佐々木蔵之介が火災現場で燃え盛る炎を撮影し、相武紗季にテレビ電話で見せて
その緊急性を伝えるというシーンだった。

シチュエーション的にはありえる使用方法ですね。


■次点
次点は『P705iμ』と『SH705i』。
いずれもスリムボディがウリの端末で、『P705iμ』は硬質感のあるステンレスボディ、
SH705i』は布目を表現したファブリック調仕上げが特徴。

ドラマでは比較的、男性陣が持つことが多く、準主役クラスでは「絶対彼氏」の水嶋ヒロ、「ホカベン」の北村一輝、「キミ犯人じゃないよね」の要潤らが『P705iμ』を、
「ホカベン」の大杉漣、「ごくせん」の三浦春馬らがSH705iを使用。

女性では「ごくせん」の星野亜希が『SH705i』のPinkを持っていることになっている。

次点らしく準主役クラスが使用ですか !?

その次には『F905i』『N705iμ』『P705i』『SH905i』がほぼ同数で並ぶ。
主役では「猟奇的な彼女」の草剛、「CHANGE」の木村拓哉が使用。

CHANGEは撮影協力としてKDDIが入っており、木村拓哉以外のキャストは全員auの端末を使っているが、キムタクは富士通ケータイの CMに登場しているためか、ただひとりNTTドコモの『F905i』を、小学校の先生のときから総理大臣になっても使用している。

また、KDDIが提供する「ラスト・フレンズ」では、長澤まさみが『P705i』、
瑛太が『N705i』と思われる端末を使うシーンが確認できた。
また、その逆にNTTドコモが提供する「ホカベン」では、主役の上戸彩がドコモのラインアップには存在しない端末を使っているシーンがある。

これらはいずれも、ライバル社のCMキャラクターであることへの配慮と思われる。

人気のあるタレントさんをCMに起用するのも当然、またCMに起用されるようなタレントさんはテレビドラマに出演する・・・。"かぶってしまう"のはある程度仕方ない所もありそうです。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。