ソフマップ、オリジナルPC『牛丼』・『バーガー』の新モデル発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフマップ、オリジナルPC『牛丼』・『バーガー』の新モデル発売 !


ソフマップのオリジナルデスクトップPC『牛丼パソコン』・『バーガーパソコン』の新モデル計9製品が発表されました。新モデルは、新しいデザインのコンパクトケースを採用しているのが特徴です。

ソフマップは6月10日、同社オリジナルデスクトップPC『牛丼パソコン』・『バーガーパソコン』の
新モデル計9製品を発表、販売を開始した。

■価格
バーガーパソコン』が6万9800円から

牛丼パソコン』が5万9800円から     (双方税込み)。

初心者から中・上級者まで、ユーザーの使い方に合わせてカスタマイズ出来る、
ソフマップの“看板製品”ともいえるオリジナルPCシリーズです。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000048-zdn_pc-sci
■ソフマップオリジナルPC新モデル
今回発表のモデルでは、デザインを一新したコンパクトケースを採用。

◆ラインアップ
OSレスモデルの『牛丼パソコン』シリーズが計3製品
OS搭載の『バーガーパソコン』シリーズが計6製品をエントリーした。

バーガーパソコン』の搭載OSは、4製品がWindows XP Home Edition。
2製品がWindows Vista(Ultimateモデル1製品/Home Premiumモデル1製品)となっている。

XP搭載機種が充実しているのも“特徴”と言えるのではないでしょうか。


■主な仕様
CPUは、「チーズバーガー」「大盛」モデルがCore 2 Duo E4600、
「テリヤキバーガー」「特盛」モデルがCore 2 Duo E8300、
「フライドフィッシュバーガー XP」「同 Vista」モデルがCore 2 Duo E8400、
「メガバーガー」モデルがCore 2 Duo E8500、
「ビッグバーガー」「極盛」モデルがCore 2 Quad Q9450を搭載した。

メモリはDDR2 2Gバイト~3Gバイト、HDDは250Gバイト~750Gバイト。
グラフィックスカードは、「フライドフィッシュバーガー」モデル2製品がGeForce 9600 GTを、
「メガバーガー」モデルがGeForce 8800 GTを装備する。

この辺はユーザーそれぞれの使い方によって"メニュー"を選びましょう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。