『iPhone 3G』ついに発表 ! - 日本でも7月11日に発売へ !!・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『iPhone 3G』ついに発表 ! - 日本でも7月11日に発売へ !!


iPhone 3G』ついに発表 ! 3.5インチのタッチパネルディスプレイや200万画素カメラはそのままに、HSDPA、A-GPSといった新機能に対応しているとのこと。さらに、ブラックとホワイトの2つのボディカラーが用意されるそうです。日本での発売予定日も7月11日と発表されました。

米AppleのCEO、スティーブ・ジョブズ氏は6月9日(現地時間)、年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)2008の基調講演で、長らく噂されていた3Gネットワークに対応したiPhone
その名も『iPhone 3G』を発表した。

日本を含む世界の22カ国で7月11日に発売予定。
国内ではアップルストアではなくソフトバンクショップで販売する。

当初アップルストアに「販売はソフトバンクショップで行う」との掲載がありましたが、
これはアップルのミスによるもので、現時点で詳細はまだ確定していないということです。


日本での価格や料金プランなどの詳細条件は後日発表する。

一番の問題は“料金プラン”の所でしょうね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000011-zdn_m-mobi
■ついに登場 ! 『iPhone 3G
新しい『iPhone 3G』は、マルチタッチに対応した3.5インチのタッチパネルディスプレイやIEEE802.11b/g対応の無線LAN、Bluetooth 2.0+EDR、200万画素カメラ、加速度センサー、環境光センサー、近接センサーといったiPhoneのスペックを継承。

存続のiPhoneで"基本"はすでに抑えていましたからね。

さらに、HSDPAネットワークに対応し、A-GPSや公衆無線LAN、
携帯電話基地局からの位置情報取得機能などを備えた。

HSDPAのカテゴリーは明らかにされていないが、ソフトバンクモバイルのネットワークでは
下り最大3.6Mbpsで利用できると思われる。

“速く”なるというのは、iPhoneのような製品ではやはり嬉しいことです。

内蔵メモリの容量は16Gバイトと8Gバイトの2種類を用意。
背面のボディカラーは、16Gバイト版ではブラックとホワイトから選べ、8Gバイト版はブラックのみとなる。

16Gバイトには2色が用意さけるのは上位モデルの特典 !?

外形寸法は62.1(幅)×115.5(長さ)×12.3(厚さ)ミリで、重量は約133グラム。

初代iPhoneは、61(幅)×115(長さ)×11.6(厚さ)ミリ、重量約135グラムだったので、
サイズはほぼそのままで(若干薄型化し)、HSDPAに対応したことになる。


米国での販売価格は、オペレーターとの2年契約時で16Gバイト版が299ドル、8Gバイト版は199ドル。

日本でも199ドル・2万円前後で販売ならば、端末価格としては予想より低価格ではあります。
やはり“料金プラン”がどのようになるのかが、ヒットするかどうかを分けそうです。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。