プリンストン、Mac用の『デジ造 音楽版』を発売へ !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンストン、Mac用の『デジ造 音楽版』を発売へ !


プリンストンが、手軽にアナログ音源をデジタル変換できるキャプチャーユニット「デジ造 音楽版」の
Mac対応版の発売を発表しました。アナログ人気が高まっている中、需要の大きい製品ではないでしょうか。


プリンストンテクノロジーは、アナログ音源を手軽にMP3形式などに変換できる
デジ造音楽版 for Mac』を発表、5月下旬より発売する。

接続インタフェースはUSB。

本体サイズは90(幅)×33(奥行き)×17(高さ)ミリ (ケーブル部は除く)。

対応OSはMac OS X 10.4以降。

価格はオープン
予想実売価格は5980円

USB接続でアナログ音楽をデジタル変換出来るのは、手軽に作業が行えるので便利ですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080516-00000042-zdn_pc-sci
■「デジ造 音楽版」にMac対応版
デジ造音楽版 for Mac』は、2007年8月に発表された「デジ造 音楽版」のMac版モデル

Mac OS X対応の変換ソフト「SoundStudio3」によりアナログレコードなどの
各種アナログ音源をPCに取り込むことが可能。

アナログ音源特有のノイズを除去できる「ノイズゲート」機能や
複数の曲の音量レベルを統一できる「ノーマライズ」機能などを利用できる。

USB接続でレコードやカセットなどのアナログ音源を簡単な操作で取り込める。そして、
AAC、MP3、AIFFなどのデジタルフォーマットに変換可能と“音楽好き”な方は
持っていて損のない製品といえるでしょう。



入力端子はRCA端子と3.5mmステレオミニジャック。
対応フォーマットはAAC/MP3/AIFF/AIFF-C/WAVE。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。