東芝、新デザインのweb限定ノートPC『dynabook Satellite PXW』シリーズ・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、新デザインのweb限定ノートPC『dynabook Satellite PXW』シリーズ


ノートPC「dynabook Satellite TXW」の後継モデル『Satellite PXW』シリーズを東芝が発表 !
同製品は web限定のオリジナルノートPCです。


東芝は4月23日、Web直販オリジナルノートPC「dynabook Satellite TXW」の後継モデル
Satellite PXW』シリーズを発表した。

販売開始となった計2製品は『dynabook Satellite PXW/57FW』『dynabook Satellite PXW/55FW』

価格は『PXW/57FW』が11万9800円から、『PXW/55FW』が9万4800円から。
(税込み/ともにOffice非搭載マウス未付属モデルの価格)。

web限定ノートPCは価格面など“直販ならでは”の部分が魅力ですね。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080423-00000107-zdn_pc-sci
dynabook Satellite PXW/57FW』および『dynabook Satellite PXW/55FW』は、
それぞれCPUとしてCore 2 Duo T8100(2.1GHz)/Celeron 550(2GHz)を搭載した2スピンドルノートPC

1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を内蔵 (『PXW/57FW』は Clear SuperView液晶)する。

搭載メモリは『PXW/57FW』が2Gバイト、『PXW/55FW』が1Gバイト。
HDDは120Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを装備した。
無線LANは『PXW/57FW』がIEEE802.11a/b/g/n(ドラフト)、『PXW/55FW』がIEEE802.11b/gに準拠する。

web限定ノートPCの現行モデルからCPUやメモリなど基本スペックが強化されているので、
より使いやすくなったのは間違いないでしょう。



OSはともにWindows Vista Home Premium。

双方ともOffice非搭載モデル/Office Personal 2007 with PowerPoint 2007プレインストールモデルを用意しており、それぞれに光学マウス付属モデルをラインアップした。

それぞれが必要な人はプラスしての注文もお忘れなく !

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。