富士通、3波デジタル放送対応の『FMV-DESKPOWER LX』を発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士通、3波デジタル放送対応の『FMV-DESKPOWER LX』を発売 !


液晶一体型デスクトップPCFMV-DESKPOWER LX』シリーズの2008年夏モデルは、全モデルで3波対応デジタルTVチューナーを採用し、AV機能に注力しているのが特徴です。
TV機能に優れているので、単に"パソコン"としだけでなく日常に溶け込んだ幅広い使い方が出来ること
でしょう。


■ラインアップを絞り込みつつ、TV機能を強化
富士通の液晶一体型デスクトップPCで主力機種を務め続けてきた『FMV-DESKPOWER LX』シリーズだが、2008年夏モデルでは省スペースな液晶一体型モデル「FMV-DESKPOWER F」シリーズが新規投入されたことにともない、店頭販売製品のラインアップを春商戦の5モデルから2モデルに減少している。

価格帯が「FMV- DESKPOWER F」シリーズに近い下位3モデルを省き
高性能かつTV機能が充実した上位2モデルを存続させた形だ。

上位モデルの「LX/A70D」は1680×1050ドット表示の22インチワイド液晶ディスプレイを採用。
下位モデルの「LX/A50D」は1440×900ドット表示の19インチワイド液晶ディスプレイを備えている。

いずれも4月24日に発売される予定で、価格はオープン。
実売予想価格は「LX/A70D」が26万円強、「LX/A50D」が23万円前後だ。

シリーズの解り易い"住み分け"に繋がるのであれば、モデルの縮小も仕方ないでしょう。
さらに言えば、TV機能を強化したことで、”これから”需要の多いシリーズになったとも考えられます。


8引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000056-zdn_pc-sci
◆新モデルのポイント
他機種と同様、OSのWindows Vista Home PremiumとオフィススイートのOffice Personal 2007が
いずれもService Pack 1に対応したことだ。

ソフトウェア面では、辞書ソフト数を従来の7種類から11種類に拡充し、
英和/和漢/漢字辞典などを追加している。

辞書ソフトの豊富さなどからも、日常的に使う“リビングPC”という感じですね。

◆ハードウェア面
チップセットがIntel GMA X3000統合のIntel G965 Expressから、
Intel GMA X3500統合のIntel G35 Expressに進化している。

CPUもCore 2 Duo E4500(2.2GHz)からCore 2 Duo E4600(2.4GHz)に底上げされた。

↓ などのことを考えてもハードウェア面の強化は当然でしょう。

また、下位3モデルが省かれた関係で、全モデルが地上/BS/CSの3波デジタルTVチューナー搭載機となった。これらは2番組の同時録画が可能なことに加えて、録画ずみ番組をSD画質に変換してHDD容量を節約する機能や、ムーブ/ダビングを行う場合にDVDメディアの容量に合わせて自動でトランスレートして保存する機能も持つ。ダビング10にも対応する予定だ。

今後は液晶一体型デスクトップPCのようなマシンが支持を得ていく時代かも・・・。

それ以外の主要はスペックは下表の通りで、春モデルと変わらない。
本体サイズと重量は、「LX/A70D」が608(幅)×243(奥行き)×479(高さ)ミリで約18.5キロ
「LX/A50D」が542(幅)×243(奥行き)×437(高さ)ミリで、約17.5キロ。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。