ニコン、光学18倍ズームで“世界最小”な『COOLPIX P80』を発売 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコン、光学18倍ズームで“世界最小”な『COOLPIX P80』を発売 !


ニコンが発売する、コンパクトデジタルカメラCOOLPIX P80』は、光学18倍ズームレンズ搭載機
としては世界最小ボディとなる製品です。


ニコンは、光学18倍ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラCOOLPIX P80』を
4月25日より発売すると発表した。

本体サイズ約110(幅)×79(高さ)×78(奥行き)ミリ。
重量約365グラム。

価格はオープンプライスで、実売予想価格は5万円前後

「光学18 倍ズームレンズ搭載のコンパクトデジタルカメラとしては世界最小」 (同社)

ニコンのコンパクトデジタルカメラCOOLPIX」の中でも「P」シリーズは、
より高い性能をもったモデルと位置づけられる機種。
その高い性能18倍光学ズームレンズ搭載を要しながらもコンパクトなのは
使い易いデジタルカメラですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080410-00000084-zdn_lp-sci
■『COOLPIX P80
同製品はコンパクトなボディに35ミリ換算で27~486ミリの光学18倍ズームニッコールレンズを搭載。

絞りはF2.8~4.5、レンズ構成は5群14枚で、最大4倍の電子ズームも備えている。

有効画素数は1010万画素で、独自の画像処理コンセプト「EXPEED」や、
イメージセンサーシフト方式手ブレ補正(VR)機構などを採用。

液晶モニターは2.7型、電子ビューファインダーは0.24型。

2.7型のモニターがあると撮影も撮った画像を見るのにも不自由しなさそうですね。

標準バッテリーでの撮影枚数は約250コマとなっている。

記録媒体は約50Mバイトの内蔵メモリーのほか、SDメモリーカードに対応。

最高感度はISO 6400(2048×1536ピクセル以下時)で、主な機能としては
秒間約13コマの高速連続撮影(2048×1536ピクセル以下時)が可能な「スポーツ連写モード」
直感的に操作できる「モードダイヤル」
顔がキレイに撮れる「フェイスクリアー機能」などを搭載している。

高倍率ズームレンズ採用しているコンパクトデジタルカメラですか、豊富なモードで楽に撮影出来そうです。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。