UMPC『CloudBook CE1210J』をCTOが発表、ヤマダ電気で発売へ !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UMPC『CloudBook CE1210J』をCTOが発表、ヤマダ電気で発売へ !


UMPCCloudBook CE1210J』をCTOが発表しました。同製品は7インチワイド液晶ディスプレイを内蔵していますが、タッチスクリーンには対応しないモデルです。ヤマダ電気で発売されます。

CTOは4月3日、Everex製UMPCCloudBook CE1210J』を発表、ヤマダ電気より発売をする。

本体サイズは230(幅)×171(奥行き)×29.4(高さ)ミリ。
重量は920グラム。

最近、注目度が上がっているUMPCだけに各社がこぞって良い製品を出してきています。
競争によってより良い物が出ることはユーザー側にとっては嬉しいことですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000075-zdn_pc-sci
CloudBook CE1210J』は、800×480ドット表示対応の7インチワイド液晶ディスプレイを内蔵し、
CPUとしてVIA C7-M ULV 1.20GHzを搭載するUMPC

先ごろ発表されたモデル「CloudBook CE1200J」に近いスペックを持つが、液晶ディスプレイはタッチスクリーンに対応しないほか、Bluetoothが省かれている点や標準搭載メモリが 1Gバイトとなっている点などが大きく異なっている。

多少レペルダウンな感じですが、"はじめて"のUMPCという人などには返って使い易いかもしれません。

■仕様
搭載HDD容量は「CE1200J」と同様に30Gバイト。
そのほか、30万画素Webカメラ、IEEE802.11b/g無線LAN、4in1カードリーダーなどを標準装備する。
そのほかインタフェースはDVI×1、USB 2.0×2が利用可能だ。

OSはWindows XP Home Editionをプリインストールする。

UMPCとしての基本的な部分は変わらずしっかりしているので、"不便を感じる"ことは無いでしょう。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。