ソニーの“踊る”音楽プレーヤー『Rolly』にブラックモデルが登場 !・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーの“踊る”音楽プレーヤー『Rolly』にブラックモデルが登場 !


Rolly』の新色として、ブラックモデルが登場 ! ソニーがスピーカーを内蔵した“踊る”音楽プレーヤー『Rolly』の新色を発表、及びモーション共有サイトをリニューアルしました。「藤崎マーケット」のあの体操も・・・。

ソニーは、サウンドエンターテインメントプレーヤー『Rolly』にブラックのカラーバリエーションモデル『SEP-10BT(B)』を追加、4月19日より販売開始すると発表した。

外形寸法は65×104㎜ (直径×幅) のたまご型で、重量は300g。

価格はオープンで、実売想定価格は4万円前後

個性的”な音楽プレーヤー『Rolly』ですから、カラーにもバリエーションがあって然るべきではあります。

(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000041-zdn_lp-sci
■変更点は ?
本体カラーが変更されたのみで、楽曲にあわせて“踊る”機能はもちろん、1Gバイトの内蔵メモリやBluetoothによる通信機能なども販売されているホワイトモデル(SEP-10B)と変わらない。

性能的に違いは無いので純粋に好みのカラーで選択することが出来ますね !?

専用アクセサリーとして本体色にあわせたブラックの充電クレードル「CDL-SE10(B)」
キャリングケース「CKR-SE10(B)」が新たに用意された。

"専用"を謳う以上、マッチするものが良いいです。


■「モーションパーク」がリニューアル
新色の投入にあわせて、モーションファイルの共有やダウンロードが行えるWebサイト
「“Rolly”モーションパーク」もリニューアルされた。

検索性の強化やモーションのランキングなどを表示することで使い勝手を高めたほか、藤崎マーケットのラララライ体操をモチーフにした「ラララライモーション」、上野動物園の動物たちの鳴き声や動きを取り込んだ
「動物モーション」など、さまざまなコラボレートによるユニークなモーションが公開される。

音楽プレーヤー『Rolly』にもお笑いブームの波が・・・。


■着せ替え用アーム
ブラック/ホワイトいずれのモデルにも利用可能なオプションパーツとして、メタリックカラーのカラーアーム
「CPR-SE10」も同日より販売開始される。

ブルー/レッド/シルバーの3色が用意され、価格はいずれもオープン。
実売想定価格は1500円前後

より“個性”の強い『Rolly』としたい人はこちらもどうぞ。

(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。