テレビドラマに出てくる携帯電話をチェック 2008年冬 - ソフトバンクモバイル編・コンピュータ・IT・テクノロジーなどのニュース・製品動向についての気になったtopicsを独自の視点から綴るブログです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビドラマに出てくる携帯電話をチェック 2008年冬 - ソフトバンクモバイル編


携帯電話はあらゆる人の生活に欠かせないアイテムとなり、テレビドラマでも様々なシーンに登場しています。人間模様が交錯するテレビドラマにおいてもストーリー展開のキーアイテムとなることも多くなっています。そんな携帯電話ですから、どの役者さんがどんな携帯電話機種と“パートナー”を組んで出演しているのかなどドラマのストーリー意外の部分の興味も尽きません。
そこで、テレビドラマに登場する携帯電話をチェックしてみましょう !


★テレビドラマに登場する携帯電話チェック 2008年冬 - ソフトバンクモバイル編

夜9時から11時台に放映されているドラマは毎週合計15本(東京地区の場合)。
このうちNTTドコモは7本、au(KDDI)は6本、そしてソフトバンクは2本にスポンサーとして名を連ね、
各キャリアが番組で使われているモデルを各社の公式サイトで公開している。
この公開情報をもとに、実際に番組を視聴して登場する携帯電話を調査してみた。

今回はソフトバンクモバイルの提供ドラマについて紹介する。

どの役者さんがどんな携帯電話機種と“パートナー”を組んで出演しているのか、
ドラマファン、役者さんのファンならずとも興味深い所ですね。


(引用:Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080331-00000039-zdn_m-mobi
今クールでソフトバンクモバイルがスポンサーとなっているのは、火曜日夜10時からの「貧乏男子ボンビーメン」(日本テレビ系)と金曜日夜10時からの「エジソンの母」(TBS系)の2本となっている。

他のキャリアと比べると"少数精鋭"といった感じを受けますね。


■「貧乏男子 ボンビーメン」の小栗旬は ?
日本テレビ系火曜夜9時の「貧乏男子ボンビーメン」は、正直がゆえに貧乏になってしまう主人公を中心に、借金を切り口にした人間模様を描くドラマ。

ソフトバンクモバイルのWebサイトでは、なぜか主人公の小栗旬を除き、八嶋智人、山田優、ユースケサンタマリアらの使用モデルを掲載。

もともとソフトバンクモバイルの端末にはシャープ製が多いせいか、
ここでも『AQUOSケータイ 920SH』『THE PREMIUM 820SH』といったシャープ製携帯電話
が多く使われている。

主人公の小山一美を演じる小栗旬は、『820SH』のスカイブルーと思われる端末を使っている。
ただし、登場する端末は微妙に市販モデルとは異なっており、ディスプレイ側ケースの外側、フラットな面の右端に、濃い青色の帯が入っているのが特徴。
音声通話、メール、そしてアラームとしてなど、ほぼ毎回必ずといっていいほど登場する。
それだけに、Webサイトで情報を公開していないことや、市販モデルと微妙に変えてある点が不思議だ。
こういった対応は、他キャリアのCMに出演している役者などに多く見られるものだが、小栗側にソフトバンクモバイルの携帯電話をそのまま使えない理由があるのだろうか。

せっかく主役が使用する機種をアピールしないんですから、何かあるんでしょう。
考えられるとしたら、市販モデルと違うという点でしょうか !?


準主役の山田優はパナソニック モバイルコミュニケーションズの『MIRROR 821P』を使用。
紫色が鮮やかなミラーパープルを持っていて、劇中、小栗や八嶋らと連絡を取っている。
特に彼女が中心のストーリーであった第2回放映では、 “MIRROR”のペットネームどおり、背面のミラーパネルに自分の顔を写して物思いにふけるシーンや、そこからふっと思いついて小栗に電話をかけるときに、パナソニックモバイル製端末ならではのワンプッシュオープンボタンを使って本体を開くシーンが登場し、
MIRROR 821P』の特徴を劇中で表現していたのが印象的だ。

携帯電話端末の特徴である“MIRROR”が上手く活かされた演出です。


■「エジソンの母」では ?
もう1つのソフトバンクモバイル提供ドラマは、TBS系金曜夜10時からの「エジソンの母」。
エジソンの幼少時代を思わせるような、奇想天外な発想・行動で周りの人間を驚かせる少年と、その担任教師を中心にした物語。主人公が小学生であり、舞台が学校中心となっているため、残念ながら携帯電話の登場シーンは少ない。

その中でも注目なのが、主人公の少年の担任役である伊東美咲。ソフトバンクモバイルのWebサイトでは一部配役の使用携帯電話端末を紹介しているが、彼女はその中に入っていない。
というのも、彼女はずばりauの日立製作所製端末『Woooケータイ W53H』のCMキャラクターであり、
劇中では『W53H』と思われる端末を使っている。

ただし、番組スポンサーへの配慮か、端末の各部に細工を施し、『W53H』とは微妙に違う外観に仕立ててある。ディスプレイ周囲には『W53H』にあった“HITACHI”や“Wooo”のロゴがなく、ディスプレイ側ケースの背面には、中央にミラー風の帯が入っている。

スポンサーへの配慮は当然ではあります。
市販モデルからちょっと変化している点も気になる"見所"ではありますが・・・。


(引用:ライブドアニュース)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。